親知らずを抜くにあたって

歯科で親知らずを抜く

歯科の先生の技術に差がある?

歯科で親知らずを抜くときには、5分もかからないという意見と、20分以上かかるという意見があります。先生の技術にもよりますが、親知らずの状態によっても異なります。綺麗な状態の歯ですと、5分くらいであっさりと抜けることもあります。歯がボロボロの状態ですと、抜くのに時間がかかる傾向があります。あまり時間がかかってしまうと、麻酔が切れてしまうということもあるようです。麻酔が切れてしまったら、すぐに歯科の先生に報告をしましょう。親知らずを抜く理由はさまざまですが、虫歯が進行してボロボロの状態になっていると、抜くのに苦労をすることになります。なるべく早い段階で歯科で診断を受けるようにしましょう。麻酔が切れるほど時間がかかるということはめったにありませんので、基本的には心配はいりません。親知らずは、なくても食事で困るということはほとんどありません。むしろ、親知らずがなくなったほうが歯磨きが楽になって、総合的にメリットが出たという人も多いです。虫歯になっていなくても、早い段階で抜くことを希望する人もいます。いずれにしても、歯科の先生としっかりと相談をして、決めるようにしましょう。コミュニケーションがしっかりととれて信頼できるかかりつけの歯科を見つけておきましょう。

↑PAGE TOP