• トップ /
  • 歯科で親知らずを抜歯する時

親知らずの抜歯について

歯科で親知らずを抜歯する時

抜歯が必要かは歯科医に確認

親知らずを抜歯した経験がある方も多いのではないでしょうか。親知らずとは、だいたい18歳~20歳ころになって一番奥に生えてくる歯です。ただし、中には生えてこない人もいます。顎が小さいと、この歯がしっかり生えるスペースがないために、斜めや横向きになることがあります。すると歯磨きなどのお手入れがしっかりできず、親知らずそのものや接している手前の歯が虫歯や歯周病になったりします。そのため、歯科では早い段階での抜歯をすすめられます。歯科では20代で抜歯した方がいいとされています。その理由は、まだ歯が硬くなっていないために比較的処置しやすく痛みが少ないことや、回復力があるため抜歯後の傷が治りやすいこと、虫歯などができる前に抜いたほうがいいことなどがあげられます。しかし、親知らずは生えてくれば必ず抜かなければいけないのかというと、そういうわけではありません。他の歯と同様にまっすぐ生えている場合は歯磨きなどのケアがしやすいため、無理に抜く必要はありません。また完全に骨に埋まっている場合は問題がないため、抜歯しなくてかまいません。抜いたほうがいいのか、抜かなくてもいいのかは状態によるため、かかりつけの歯科医師に相談して決めるといいでしょう。

↑PAGE TOP