• トップ

親しらずの痛み軽減

親知らずが痛んだらすぐ歯科へ

歯科での治療は抜歯が一般的

親知らずというのは、一番奥に生える永久歯のことです。基本的に上下で四本生えますが、中には三本しか生えなかったり、一本も生えない場合もあります。ただ、四本すべて生えそろわなくてもわざわざ歯科に行って相談する必要はありません。というのは、親知らずは進化の過程で不要になりつつある歯なので、生えなくてもおかしくないからです。ただ、親知らずに痛みが発生した場合は歯科に行って診てもらわないといけません。痛みの原因は基本的に二つあります。まず、虫歯になって神経がやられている場合、もう一つが周辺の歯肉が腫れ、そこが痛んでいる場合です。後者の原因としては親知らず周辺をうまく歯ブラシで磨けないことで食べ残しが残り、それが歯肉にダメージを与えることが挙げられます。では、歯科に行った場合、具体的にどのような治療を行うのかというと、親知らずが斜めに生えていたりして食べ物を噛む歯としてまともに機能していないようであれば、虫歯の程度が軽くても抜歯するのが一般的です。歯肉が腫れて痛みが出ている場合も同様です。なぜ抜歯という選択肢になるのかというと、きちんと生えていない場合、治療をしても再びトラブルを起こす可能性が高いからです。大きな歯を抜くのが怖いという人もいるかもしれませんが、斜めに生えていても一分もかからず抜けることが多く、麻酔によって痛みもありません。

↑PAGE TOP